村にも電気を供給できる!再生可能な自然エネルギー

広大な土地が必要なメガソーラー発電

大都市とは異なり、村であれば地価が安い分だけ広大な土地を確保しやすい環境にあります。とりわけ、使わなくなったゴルフ場跡地を利用して、再生機能エネルギーとして注目されている太陽光発電所の建設がしやすい状況にあるでしょう。最初からゴルフコースとして整備されていた土地であれば、起伏の具合は緩やかになっています。
土地が確保出来て、平地と高すぎる木が無ければ大きめのソーラーパネルを並べても支障がありません。何よりソーラーパネルからの反射光を村であれば気にする必要性が低くなるので、発電効率を重視した設置が行いやすい状況となります。更に送電線網にも比較的余裕が出る場所を選んで設置が出来るので、地元の村に対しても電気を供給出来るでしょう。

パワーコンディショナーのメンテナンスは必要です

太陽光発電所として運営するためには、太陽光発電パネルだけでなくパワーコンディショナーと呼ばれる電圧を調整して送電網へ送るための変換装置が必要となります。ソーラーパネル自体の耐久性は高いものの、パワーコンディショナーについては定期的な交換が必要となる部品です。
パワーコンディショナーのメンテナンスが出来る環境と適切な管理を行うために、メガソーラー発電所近くには管理会社から向かえる道路が必要となるでしょう。太陽光発電により再生可能エネルギーが積極的に活用されれば、エネルギーに対する意識が変わってきます。近隣の村へ供給することで、災害時にも強い太陽光発電に対する環境負荷の低さが注目されるようになるでしょう。