費用対効果は抜群?雨や曇りに弱い太陽光発電

多少の雨や曇りでは年間の発電量に影響なし

太陽光発電への投資を考える際に気になるのが、雨や曇りによる影響です。太陽光発電は太陽から地上に照射される光を発電のエネルギー源としているため、天候悪化の影響を受けやすい性質を持ちます。太陽光発電に投資する場合、雨や曇りで発電量が想定より少なくなり、収益にも影響があるのではないかと心配になるのは無理もありません。
太陽光発電でどの程度の発電量を得られるかは、地域別の年間推定発電量で確認が可能です。一年の間におおよそどの程度の電力を生み出すかが分かるため、太陽光発電に投資する際の参考にできます。多少は雨や曇りの日が多かったとしても、一年を通じて見れば発電量の低下による太陽光発電事業への影響は限定的なものです。

太陽光発電パネルによって変わる悪天候の影響

太陽光発電では、雨や曇りの日には晴天の日と比べて発電量が下がります。しかし全く発電しないわけではなく、太陽の光が多少でも届いていれば発電パネルは電力を生み出し続けることが可能です。
また雨や曇りの日にどの程度発電量が低下するかは、発電パネルの性能によって左右されます。製品によっては日照量が低下しても発電量を維持することができ、天候の影響を受けにくい点が有利です。太陽光発電のファンドに投資する際にも設備に注目し、天候の影響を考えて事前に対策がとられているかどうかがチェックポイントの一つになります。もし日照量が低下した場合でも発電可能なパネルを採用していれば、多少の悪天候が続いたとしても収益への影響は少ないです。